続オルオル日記

おばあちゃんになって読み返すためのメモ

12月の修行メモ

12月も福岡⇆千歳で修業中です。

12月11日の福岡⇆千歳のチケットを持っていましたが、天候不良で遅延のためラウンジで再来週に振替てもらいました。冬の千歳恐るべし。

12月17日は福岡→千歳はJAL、千歳→福岡はANAでした。往路は赤、復路は青です。なぜか福岡→千歳のANAプレミアムクラスがめちゃ高くてANAの復路に間に合う便がJALしかなかったのです。オンタイム運航で40分の猶予があるため余裕はありますが乗り継ぎができないのでJALの到着ロビーからANAの出発ロビーまで歩いてるあいだは必死の形相だったと思います。思いがけず修学旅行の団体と一緒の便だったせいか最後の方でしたが余裕の搭乗をすることができました。

12月18日は福岡⇆千歳、どちらの空港も天候に問題なく、昨日赤組から青組への華麗なる往復をこなした後だったので余裕をかましてましたが福岡空港混雑のため到着が20分遅れ。復路の千歳→福岡とは30分しか間隔がなく千歳空港はオンタイム進行しかも同一機材ではないため千歳→福岡便が出発してしまう!と焦りに焦りました。到着してボーディングブリッジをダッシュしてとりあえずバーコードをタッチ!出発10分前ギリギリセーフでした。他にも何組か乗り継ぎのお客さんがいて遅延のためかマンツーマンで係りの方が対応しており、責任者の男性の方も来られていましたが乗り継ぎリストを見て「福岡への…福岡?」って納得いかないような顔で案内されました…この忙しい時にごめんなさい。福岡行きの最終案内のアナウンスが流れる搭乗口へダッシュ。いちばん最後の搭乗でした。同一機材じゃないとわかってからずっと気になっていた遅延による乗り換え失敗がリアルに感じられました。

修行も残すところあと1日2レグ。どうか無事に何事もなく終わりますように。pp的にも失敗すると困るのです。

f:id:annin:20161218191444j:image

福岡→千歳→福岡 その3

福岡⇆千歳往復修行3日目千秋楽。

今日は特筆すべきことは何もありませんでした。同一機材同一クルーの謎も解け、いろいろとお土産も買い、ちょっと余裕のある気持ちで搭乗しました。なのでだいぶ調子に乗ってお酒を飲みました。

はじめて中をのぞいたカードラウンジ。物珍しい気持ちでビールを飲みました。次にANAラウンジに移動してレッドアイ。搭乗してからシャンパン。千歳のラウンジでサッポロビール。帰りもまたシャンパン。ベロベロです。CAさんにお顔が赤くなってらっしゃいますが大丈夫ですか?と心配されてしまいました。すいませんお酒弱いのに好きなんです。

そういえば千歳行きの便でお手洗いの順番待ちをしている時に先客の男性の方が出てこられてドアを押さえて「お待たせしましたどうぞ」と言われてえっ?と思ったらコーパイの方でした。帰りの便だったら酔って確実に敬礼してたと思うので行きの便で本当に良かった。

 

明日起きたらブロンズだ。

f:id:annin:20161124063023p:image

f:id:annin:20161125080223p:image

福岡→千歳→福岡その2

今日はお酒を飲みたくてタクシーで空港へ。

福岡⇆千歳往復の2日目。

福岡 11時45分発→ 千歳 13時55分着 ANA289

千歳 14時25分発→福岡 17時00分着 ANA290

今日はひとつだけ確かめたい事がありました。同一機材同一クルーだと思っていた福岡⇆千歳B777-200はなぜ往復運航しないのか?素朴な疑問。キュートなCAさんにお酒の力を借りて尋ねてみました。別にそのために飲んだ訳ではないけど。

福岡発のANA289は、羽田→福岡→千歳→羽田、千歳発ANA290便は羽田→千歳→福岡→羽田それから関空へ飛んで終わりとのこと。B777-200は大きいので機材の準備に1時間ほどかかるため30分しかないこのダイヤでは同一機材の往復はしていないとの事でした。

なるほどー。同一クルーじゃないなら片道ずつチケット取れば往路する事バレませんか?と聞いたら道内の乗り継ぎもあるため当日にANA便を予約しているお客様はすべて把握してあるとの事でした。バレないのは無理かー。とつぶやいたらバレるなんておっしゃらないでください(*≧∀≦*)と言われました。しかしCAさんのお仕事はハードですね。

結論、福岡⇆千歳往復は同一機材同一クルーではないが往路のクルーの方には確実に修行僧だとバレる。でも羞恥プレイはなし。あと、福岡⇆千歳のプレミアムクラスで修行すると太る!確実に。

 

f:id:annin:20161122183730j:image

 

福岡→千歳→福岡

4ヶ月近くブログを放置していました。だって書くことがなかったんだもん。

いろいろあって年内にSFC修行を前倒しする事にしました。駆け込み修行です。今日はその第一弾として福岡札幌往復の修行に挑みました。禁断の同一機材同一クルーでの折り返しです。いろいろ検討した結果、この路線を選びました。いちばんの理由はおかえりなさいプレイを受けることよりも、万が一乗り継ぎに失敗してクルーの皆様にご迷惑をおかけする方が私にとってはストレスが大きいと思ったからです。

 

が、しかし!福岡→千歳の便で食事のあとCAさんからお声をかけられました。「くまこさま、ちょっと確認なのですが、お帰りはこの後の千歳→福岡便になりますか?」私「はい…(//∇//)」CAさん「まあ!マイルをお貯めでいらっしゃるんですか?那覇便ではよくお見かけしますが千歳のような長い距離を往復されるのは珍しいです♡お仕事の重要書類の受け渡しなどで往復される方はたまにいらっしゃいますが…」私「時間の関係で仕方なく…この後皆さんと同じ便で福岡に戻るのはちょっと恥ずかしかったんですが…(//∇//)」CAさん「いいえ、くまこさま、私たちクルーはこの後羽田へ向かいます。次の千歳→福岡便は機材もクルーも全く別でございます。ご一緒できなくて本当に残念です」私「え?(´⊙ω⊙`)」

 

(はやく言ってよ〜。同一機材同一クルーと思ってメンタルを鍛えに鍛えて挑んだのに。服も目立たないよう黒とグレーでシックにまとめたのに。じゃあさ、往復じゃなくて片道ずつチケット取って何食わぬ顔でまた搭乗すれば無問題なの?修行ストレスフリー?次はカーディガンで乗っちゃってOK?いつもみなさん三角飛び?)

さまざまな思いが脳裏をよぎりましたが、言い出せるはずもなく、すべてみかんジュースと一緒に飲み込みました。

 

でもなぁ、そうなると乗り継ぎに失敗する可能性があるってことよね。一長一短あるな。特にこの時期の千歳は天候次第ではやらかすよなぁ。10時半に家を出て18時に帰宅できる福岡千歳往復修行初回で新しい知識を得ました。30分の滞在で往復する便が同一機材じゃないなんて。

 

 

 

本日25分だけ滞在した千歳

f:id:annin:20161121191233j:image

 

ポイントタウンでプラチナ会員になりたい

今日、他のマイラーさんのブログを読んでいて、ハッと気づいたことがありました。

まろんさん(id:springmaron52)のブログで、ランクアップした方がボーナスポイントがついてお得ですよという内容で、しかも少ないコストでプラチナに到達するためのノウハウをわかりやすく説明してくださっています。

 

私は最近ポイントタウンのモニター案件を申し込んでいるのですが、たまにこんな画面が出てきます。

f:id:annin:20160730215043p:image

 間違っていたら本当に申し訳ないんですが、この当選枠、応募条件というのは高いランクのひと向けの案件ということでしょうか?だったらショッピングでもボーナスポイントが付くし人気のお店へも申込るし早めにランクアップするに越したことないなと思いました。MSRばかりだと疲れる…。

まあ、年齢とか性別とか応募条件はいろいろ考えられますけど…。

私は現在シルバーで来月からゴールドです。足りない分をコミックシーモアでポチって準備万端です。ゴールドになった瞬間またモニターに応募してみようと思います。

親切なはてなさん。

はてなからそろそろブログを更新しませんか?的なメールが来ました。前からこんなサービスあったかな?

 

4月の終わりに始めた陸マイラー生活も足掛け4カ月。やっと本日メトロポイントからANAマイルへの交換申請をいたしました。諸先輩方の教えに倣えば来月の頭にはメトロポイントがマイルになっているはず。まだ途中ー!全然途中ー!待ち遠しいー!

 

現場からは以上です。

 

失敗したことメモ

まだ一度もポイントサイト→Pex→メトロポイント→ANAマイルへの移行ができていませんが、これまでに失敗したことを記録します。

1.Get Moneyの初回ポイントは現金にしか変えられないことを忘れていました。あれだけ注意してと書いてあってもやっちまいました。

2.現金にしか変えられないポイントサイトで案件をこなしました。Pexや.moneyのポイントに変えられないのは意味がない。お小遣いが欲しいんじゃないの、マイルが欲しいの。ポイントサイトも考えて利用しなければと思いました。

3.楽天の期間限定ポイントを商品券に交換したまでは良かったのですが、商品券からマイルへの道がすでに塞がれていました。遅きに失したというやつです。

まあ、3件とも現金や商品券が手元に残るのですが、マイルに交換出来なければやはり失敗です。ただ、楽天の期間限定ポイントについてはこれからも商品券にしたいなと思ってます。

おっちょこちょいなのでミスは仕方ないけれど、同じことを繰り返さないように記録に残しました。