続オルオル日記

おばあちゃんになって読み返すためのメモ

沖縄

2月11日、2017年初のフライトは母との沖縄旅行になりました。一泊旅行のため荷物はコンパクトにまとめて相棒のRIMOWAに2人ぶんの荷物を詰め込みました。母は久しぶりの福岡空港に迷子になりそうと戸惑っていましたが、工事中に加えプレミアムクラスの検査場を通ったので余計にそう感じたようでした。心配していた寒波も福岡は予報程ではなく、オンタイムで沖縄へ向かいました。母は初めての沖縄です。

f:id:annin:20170219190517j:image

沖縄に到着して驚いたのはまあまあの寒さとレンタカー待ちの列。レンタカー屋さんの送迎の車に乗るまでに30分近く待ちました。今となっては荷物も少なかったのでモノレールでDFSまで行き、免税店で買い物した後でおもろまちでレンタカーを借りれば良かったかな。

f:id:annin:20170219191532j:image

その後寒かったので瀬長島をパスして首里城へ。途中雨もパラつくあいにくの天気でしたがじっくり観ることができました。ツアーの方にまぎれて色々な方の説明を聞いたりして楽しかったです。

f:id:annin:20170219191750j:imagef:id:annin:20170219191804j:image

一路ホテル、リッツ・カールトン沖縄へ。お天気が悪く風が冷たくてホテルの中も寒かったのですが、お願い通り海の見えるお部屋をアサインして頂きました。

f:id:annin:20170219192708j:image

夕食はホテルのイタリアンを予約していました。母が鶏肉以外のお肉や動物性油脂が食べられないため事前にホテルの方とメニューを打ち合わせしていました。本当に後悔しているのですが、お食事の写真を撮るのを忘れていて手元には何もありません。ひとりの時は写真!と思うんですが人と一緒にいるとなかなか写メを撮ることまで頭がまわらないタイプです。母のためのメニューだったので記念に残すべきでした。

f:id:annin:20170219192408j:imagef:id:annin:20170219192415j:image

当日のメニューです。見た目少ないかな?と思う量でしたがしっかりお腹いっぱいになりパンも全部食べられませんでした。どのお皿も本当に美味しかったです。素材の良さとソースの複雑な味のコンビネーションは最高だなと思いました。高級店あるあるの大きなお皿にちょこんとした盛り付けにもテンション上がりました。

食後はスパやジムにも行ってみたかったんですがあまりの寒さに部屋に戻ってゆっくりしていました。これまたお部屋の写真を撮るのを忘れたんですが夜中に偶然にもシャッターを押した一枚とバスルームの写真がこちらです。私物が写り込んでます。

f:id:annin:20170219193003j:imagef:id:annin:20170219193049j:image

翌朝はいい天気でした。ゆっくりと朝食をとった後チェックアウトしました。

f:id:annin:20170219194014j:imagef:id:annin:20170219194027j:image

f:id:annin:20170219194126j:imagef:id:annin:20170219194141j:image

f:id:annin:20170219194228j:imagef:id:annin:20170219194310j:image

本当に名残惜しい中、チェックアウトして次の目的地へ。日頃つつましく暮らしている私たち母娘にとっては本当に贅沢なホテルでした。また泊まれるように頑張って働こうと珍しく殊勝な気持ちになりました。 

 f:id:annin:20170219194710j:imagef:id:annin:20170219194726j:image

そして美ら海水族館へ。本日のメインです。ホテルから更に車で1時間程で到着。

その後車で国際通りに向かったのですが美ら海水族館へ向かう長い渋滞を見て予定変更。先にレンタカーを返し荷物を預けてモノレールに乗ることに。実は私もモノレールは初めて。

空港食堂で食事をした後国際通りへ向かいました。

f:id:annin:20170219195747j:imagef:id:annin:20170219195544j:image

f:id:annin:20170219195558j:imagef:id:annin:20170219195817j:image

公設市場をぶらぶらしてお土産を少し買って空港に戻りました。母が通りにあった民謡居酒屋を見て次は行って見たいと言っていたので次の目的ができました。

f:id:annin:20170219200222j:imagef:id:annin:20170219200235j:image

家に戻ってから母が、今回の旅費を半分出すよと言ってきたのでなぜ?と聞いたらまた連れて行って欲しいからと。連れて行きますとも。そのために修行したんです。次はお天気が良いことを祈る!!

 

 

 

ピタリ賞で解脱 明細編

プレミアムポイントの記録です。

2016年1月  福岡⇆対馬 1124 

2016年2月 PPキャンペーン 2016

2016年3月  福岡⇆対馬 1124 

2016年4月  福岡⇆羽田 3068

2016年4月  福岡⇆対馬 1124

2016年5月  福岡⇆対馬 1124

2016年7月  福岡⇆対馬 1124

2016年7月  福岡⇆羽田 3635

2016年9月  福岡⇆羽田 3634

2016年11月 福岡⇆千歳 5210

2016年11月 福岡⇆千歳 5210

2016年11月 福岡⇆千歳 5210

2016年11月 福岡⇆対馬 1124

2016年12月 福岡⇆対馬 1124

2016年12月 福岡⇆対馬 1124

2016年12月 千歳→福岡 2605

2016年12月 福岡⇆千歳 5210

2016年12月 福岡⇆千歳 5210

合計 50000

特筆すべきはキャンペーンの2016ポイントがあること、7月の羽田→福岡は出張でしたが疲れていて片道のみ自腹でプレミアムクラスへUGしたこと、9月の福岡⇆羽田はプレミアム特割にしたこと、本当は全部コインで賄いたかったけどどうしても1レグ分だけ足りず現金で払うのが嫌で嫌で仕方がなくて試行錯誤していた時にその1レグを他社便に変更すればピタリ賞になることに気づけた事でしょうか。そもそも修行を前倒しするのを決めたのは10月ですし、今年しか成し得ない偶然のピタリ賞でした。ただ、全部予約を入れた後も不安で何度も何度も電卓を叩いて50000PPになることを確認しました。誰かに言いたくて仕方がなかったんですが修行するうちに福岡⇆千歳が同一機材ではないこと、冬の千歳空港の脆弱さなど知れば知るほど簡単ではないなと思い達成するまで内緒にすることにしました。

私が修行したいと思ったいちばんの理由はテラヤマさん(id:kowagari )のブログを読んでマイルをコインに変えて航空チケットを買い、修行できると知ったからです。SFCは前から知ってましたが自腹では絶対やらなかったと思います。あと、修行を始めてから感じたのはポイントサイトやモニターでポイントを貯める行為は仕事とは違う達成感を味わえて楽しいという事でした。誰の指示でもなく、打ち合わせもなく、同行も、根回しも、接待も不要。上司に進捗をトレースされることも怒られることもありません。自分が選んだ案件をこなせば確実にポイントが入る。夢みたい。もちろんみんなと連携してやり遂げる仕事の面白さもありますが私の精神衛生上とてもバランスが良い趣味だという事に気付きました。

とはいえ、ツイッターで親しくさせて頂いている方々や、こんなスマホでちまちま更新しているチラ裏メモブログを読んでくださっている方々には本当に励まされました。この場を借りてお礼を言わせてください。ありがとうございました。

来年はダイヤでピタリ賞を狙います!と言いたいところですが、SFCを生かして特典航空券で母をいろいろなところに連れて行ってあげたいです。

ピタリ賞で解脱 フライト編

前回天候不良で日程変更した福岡⇆千歳の再フライトは12月24日クリスマスイブ。当日11時過ぎにANAラウンジに到着すると、前回振替の手配をして頂いたスタッフの方から素敵なプレゼントをいただきました。前日、前々日は天候が悪く千歳行きは欠航になっておりとても心配していたこと、今日は通常運行なので朝から安堵したことを伝えてくださりグッときました。

f:id:annin:20161225182404j:image

f:id:annin:20161225182655j:image

あまりにもグッときてしまい、千歳の状況など聞きたかったことも聞けずじまいでしたが、万が一途中で引き返したり羽田に着いたとしてもそれは致し方ない。今日はANAに乗るのだ!と心を決めた瞬間でもありました。でもそこから私の情緒は揺れに揺れることになります。

11時55分、定時より10分遅れで出発してからCAさんから昨日、一昨年から欠航が続きご迷惑をおかけしましたというお詫びがありました。続いてベルト着用サインが消えた後機長から14時5分の到着予定とのアナウンスがありホッと胸を撫で下ろしました。が、しかし。

13時40分頃またもや機長のアナウンスがあり、管制塔から青森で50分の待機を命じられたこと、羽田へのダイバートの可能性もある事が伝えられました。乗り継ぎは14時25分発です。福岡行きが定時運行なら帰れません。しかも羽田へのダイバートならピタリ賞の夢も水の泡です。がっかりですが想定内、致し方ありません。他の乗客の方達も驚くほど静かです。ため息すら聞こえてきません。道民の方の民度の高さと雪に対する深い諦めのような気持ちを感じました。

14時45分ふたたび機長からのアナウンスがあり千歳への着陸許可が出たのでもうすぐ着陸態勢に入りますとの連絡があり、15時に千歳空港へ着陸しました。しかし駐機場で待機命じられており到着ゲートには入れませんでした。この時点でメールに乗り継ぎ便が15時発に変更になった連絡が入り福岡に戻ることは諦めました。CAさんに乗り継ぎ便は15時発みたいですと携帯画面を見せると、まだ混乱しているためその情報も正しいかどうかわかりません、お客さまの他に2名同じ行き先の乗り継ぎのお客様がいらっしゃり確認しておりますのでお待ちくださいと言われました。え?あとふたり福岡⇆千歳?ここから私の脳内で修行僧当てクイズが始まりました。プレミアムクラスに乗っていると仮定して満席の21席から私を除いた20人の中にふたりの修行僧。私の席から見える範囲だけですが、あの人かな?いや、この人かな?とかなり時間を潰す事ができました。

15時40分、ウォレットに乗り継ぎ便の出発が16時半に変更になったという連絡が入りました。まだ私の飛行機は千歳にいた!帰れる!やったと思いCAさんに携帯画面を見せたところ、この飛行機がそれまでに到着できればよいのですが…とのお答え。せやな…。

16時15分到着。乗り継ぎ便に置いていかれないように地上係員の方を探しましたが誰もいません。ウォレットをタッチして発券したいのですが置いてある機械にも電源が入っていません。仕方がないのでそのまま到着出口から出て、出発口から再度入ろうとした私の目に飛び込んできたのは人、人、人。人が多すぎて前に進む事ができません。もし今まで一度も搭乗手続きをしたことがなければ場所がわからなかったかもしれません。JALANA の乗り継ぎ経験が生かされました。私はプレミアムクラスなのですんなり入れましたが一般の検査場は並ぶだけで体力を消耗しそうな行列ができていました。そして検査場で私の前に並んでいたふたりは先ほど同じ便に乗っていた方々。さすが!早い!そしてふたりとも正解(笑)

17時半、すべてのお客さんを待って千歳→福岡便は出発しました。CAさんから何度もお詫びがありましたがお疲れなのはCAさんの方だなとつくづく感じました。福岡空港に到着したのは20時15分。なんとかイブ当日に私の解脱とピタリ賞は無事確定しました。

f:id:annin:20161226134257p:image

12月の修行メモ

12月も福岡⇆千歳で修業中です。

12月11日の福岡⇆千歳のチケットを持っていましたが、天候不良で遅延のためラウンジで再来週に振替てもらいました。冬の千歳恐るべし。

12月17日は福岡→千歳はJAL、千歳→福岡はANAでした。往路は赤、復路は青です。なぜか福岡→千歳のANAプレミアムクラスがめちゃ高くてANAの復路に間に合う便がJALしかなかったのです。オンタイム運航で40分の猶予があるため余裕はありますが乗り継ぎができないのでJALの到着ロビーからANAの出発ロビーまで歩いてるあいだは必死の形相だったと思います。思いがけず修学旅行の団体と一緒の便だったせいか最後の方でしたが余裕の搭乗をすることができました。

12月18日は福岡⇆千歳、どちらの空港も天候に問題なく、昨日赤組から青組への華麗なる往復をこなした後だったので余裕をかましてましたが福岡空港混雑のため到着が20分遅れ。復路の千歳→福岡とは30分しか間隔がなく千歳空港はオンタイム進行しかも同一機材ではないため千歳→福岡便が出発してしまう!と焦りに焦りました。到着してボーディングブリッジをダッシュしてとりあえずバーコードをタッチ!出発10分前ギリギリセーフでした。他にも何組か乗り継ぎのお客さんがいて遅延のためかマンツーマンで係りの方が対応しており、責任者の男性の方も来られていましたが乗り継ぎリストを見て「福岡への…福岡?」って納得いかないような顔で案内されました…この忙しい時にごめんなさい。福岡行きの最終案内のアナウンスが流れる搭乗口へダッシュ。いちばん最後の搭乗でした。同一機材じゃないとわかってからずっと気になっていた遅延による乗り換え失敗がリアルに感じられました。

修行も残すところあと1日2レグ。どうか無事に何事もなく終わりますように。pp的にも失敗すると困るのです。

f:id:annin:20161218191444j:image

福岡→千歳→福岡 その3

福岡⇆千歳往復修行3日目千秋楽。

今日は特筆すべきことは何もありませんでした。同一機材同一クルーの謎も解け、いろいろとお土産も買い、ちょっと余裕のある気持ちで搭乗しました。なのでだいぶ調子に乗ってお酒を飲みました。

はじめて中をのぞいたカードラウンジ。物珍しい気持ちでビールを飲みました。次にANAラウンジに移動してレッドアイ。搭乗してからシャンパン。千歳のラウンジでサッポロビール。帰りもまたシャンパン。ベロベロです。CAさんにお顔が赤くなってらっしゃいますが大丈夫ですか?と心配されてしまいました。すいませんお酒弱いのに好きなんです。

そういえば千歳行きの便でお手洗いの順番待ちをしている時に先客の男性の方が出てこられてドアを押さえて「お待たせしましたどうぞ」と言われてえっ?と思ったらコーパイの方でした。帰りの便だったら酔って確実に敬礼してたと思うので行きの便で本当に良かった。

 

明日起きたらブロンズだ。

f:id:annin:20161124063023p:image

f:id:annin:20161125080223p:image

福岡→千歳→福岡その2

今日はお酒を飲みたくてタクシーで空港へ。

福岡⇆千歳往復の2日目。

福岡 11時45分発→ 千歳 13時55分着 ANA289

千歳 14時25分発→福岡 17時00分着 ANA290

今日はひとつだけ確かめたい事がありました。同一機材同一クルーだと思っていた福岡⇆千歳B777-200はなぜ往復運航しないのか?素朴な疑問。キュートなCAさんにお酒の力を借りて尋ねてみました。別にそのために飲んだ訳ではないけど。

福岡発のANA289は、羽田→福岡→千歳→羽田、千歳発ANA290便は羽田→千歳→福岡→羽田それから関空へ飛んで終わりとのこと。B777-200は大きいので機材の準備に1時間ほどかかるため30分しかないこのダイヤでは同一機材の往復はしていないとの事でした。

なるほどー。同一クルーじゃないなら片道ずつチケット取れば往路する事バレませんか?と聞いたら道内の乗り継ぎもあるため当日にANA便を予約しているお客様はすべて把握してあるとの事でした。バレないのは無理かー。とつぶやいたらバレるなんておっしゃらないでください(*≧∀≦*)と言われました。しかしCAさんのお仕事はハードですね。

結論、福岡⇆千歳往復は同一機材同一クルーではないが往路のクルーの方には確実に修行僧だとバレる。でも羞恥プレイはなし。あと、福岡⇆千歳のプレミアムクラスで修行すると太る!確実に。

 

f:id:annin:20161122183730j:image

 

福岡→千歳→福岡

4ヶ月近くブログを放置していました。だって書くことがなかったんだもん。

いろいろあって年内にSFC修行を前倒しする事にしました。駆け込み修行です。今日はその第一弾として福岡札幌往復の修行に挑みました。禁断の同一機材同一クルーでの折り返しです。いろいろ検討した結果、この路線を選びました。いちばんの理由はおかえりなさいプレイを受けることよりも、万が一乗り継ぎに失敗してクルーの皆様にご迷惑をおかけする方が私にとってはストレスが大きいと思ったからです。

 

が、しかし!福岡→千歳の便で食事のあとCAさんからお声をかけられました。「くまこさま、ちょっと確認なのですが、お帰りはこの後の千歳→福岡便になりますか?」私「はい…(//∇//)」CAさん「まあ!マイルをお貯めでいらっしゃるんですか?那覇便ではよくお見かけしますが千歳のような長い距離を往復されるのは珍しいです♡お仕事の重要書類の受け渡しなどで往復される方はたまにいらっしゃいますが…」私「時間の関係で仕方なく…この後皆さんと同じ便で福岡に戻るのはちょっと恥ずかしかったんですが…(//∇//)」CAさん「いいえ、くまこさま、私たちクルーはこの後羽田へ向かいます。次の千歳→福岡便は機材もクルーも全く別でございます。ご一緒できなくて本当に残念です」私「え?(´⊙ω⊙`)」

 

(はやく言ってよ〜。同一機材同一クルーと思ってメンタルを鍛えに鍛えて挑んだのに。服も目立たないよう黒とグレーでシックにまとめたのに。じゃあさ、往復じゃなくて片道ずつチケット取って何食わぬ顔でまた搭乗すれば無問題なの?修行ストレスフリー?次はカーディガンで乗っちゃってOK?いつもみなさん三角飛び?)

さまざまな思いが脳裏をよぎりましたが、言い出せるはずもなく、すべてみかんジュースと一緒に飲み込みました。

 

でもなぁ、そうなると乗り継ぎに失敗する可能性があるってことよね。一長一短あるな。特にこの時期の千歳は天候次第ではやらかすよなぁ。10時半に家を出て18時に帰宅できる福岡千歳往復修行初回で新しい知識を得ました。30分の滞在で往復する便が同一機材じゃないなんて。

 

 

 

本日25分だけ滞在した千歳

f:id:annin:20161121191233j:image